バイクレッカー出動!大阪府内での要注意ポイントとは?

いつ起こるかわからないのが、バイクのトラブル。狭い山道、高速道路、繁華街…どんな場所で遭遇するか?そして深夜早朝など、どんな時間に起こるかは誰にもわかりません。

 

そこで今回は、大阪府内でバイクのトラブルに見舞われた場合に覚えておきたい、役立つ情報をご紹介いたします。

 

安全確保が第一

バイクがトラブルを起こした際、まずは安全な場所へ移動させることが大切です。

繁華街のアメ村や心斎橋など、人混みの中では作業車も侵入できない状況が考えられます。

人通りの少ない場所や、交通の妨げにならない場所を確保し移動しましょう。

 

バイクが路上に停車している場合は、周囲の車に気をつけながら十分な安全距離を確保してください。
2次の事故やけがを防ぐためには、しっかりとしたスペース確保が必要です。
危険が多い場所や自動車専用道路などであれば、躊躇わず警察に交通誘導などの依頼をするのがベストです。

 

阪神高速環状エリアは到着20分その他市町村40分〜60分かかる場合も

レスキューワンではできるだけ迅速に到着できるようにアクセスの良い阪神高速環状エリア付近に待機しております。

もしバイクトラブルが大阪府内の遠方で発生した場合、レッカーや出張修理のスタッフが到着するには、時間がかかることがあります。

待ち時間が長くなる可能性を考慮し、真夏の時期や真冬の天候によってはコンビニに避難したり、水や食料などの必要なものを準備しておいたりすると安心です。

もしものとき、トラブルに対応するための備えをしておきましょう。

 

高速道路や自動車専用道路の危険な場所や夜間のトラブルに注意

阪神高速や中国道などの高速道路でバイクトラブルが発生した場合は、自らの安全を最優先に考えてください。

非常電話もしくは道路緊急ダイヤル(#9910)警察110番で通報してください
道路管制センターにて交通管理隊を出動させるとともに、情報板を点灯し、二次事故防止のための後続車両への注意喚起を行います。

また、夜間や人の少ない場所でのトラブル時には、周囲の状況に気を配りながら、落ち着いて対処しましょう。

 

退避する場所がない場合は警察に連絡するなど、状況をしっかり把握し、行動することが重要です。

自己防衛の意識を持ちながら冷静に対応しましょう。

 

混み合うレジャー日和の対処

大阪ではイベントや観光地が多く、混雑することも少なくありません。

バイクトラブルが混雑する場所で発生した場合は、周囲の交通状況や人の流れに気を配りながら行動することが重要です。

他の方の迷惑にならないよう、できるだけ迅速にトラブルを解決することを心掛けましょう。

 

バイクレッカーサービスはトラブル時の強い味方です。安全を第一に考え、冷静な判断をすることで、トラブルをスムーズに解決できます。

大阪でのバイクトラブルに備えて、この記事のポイントを参考にしてみてください。

 

 

 

24時間お見積り無料 お気軽にどうぞ