バイクレッカーを電話で依頼「伝える内容」とは?初めてでも安心

バイクの故障・不調や事故などに遭遇したとき、バイクレッカーを呼ぶのは一大決心ですよね?

初めての電話、しかもバイクレッカー…緊張するし不安だし、何を喋ればいいのかわからない……

\ご安心ください😊ベテランのオペレーターが対応します/

それでは、電話でオペレーターに「伝えること」をご紹介します。

 

電話の前に安全確保

伝えることを紹介する前に、最も大事なのは、安全確保。事故や故障で気が動転するかもしれませんが、まずは自分の身を守りましょう。車に轢かれない安全な位置に移動してから、電話でバイクレッカーを依頼してください。

 

バイクレッカー依頼時にオペレーターに伝えること

【①事故か故障か】

事故や急な故障が起きてバイクが動かない場合、まずはオペレーターに現状を伝えます。
事故の場合は警察への事故報告が必須ですが、レッカーサービスの手配も早急に行ってください。
故障の場合も、症状を詳しく説明して的確なサポートを受けられるようにしましょう。

 

【②市町村や場所】

市町村名や目印の建物など、可能な限り具体的に場所を伝えましょう。これにより、迅速なレッカーサービスの手配が行えます。
高速道路などで現在地がわからない場合、GPSで位置特定なども可能です。

 

【③車種】

バイクの車種やメーカーをオペレーターに伝えます。必要な機材や、適切な手段を選択するために必要です。
車種によって対応方法が異なる場合があるので、正確な情報提供がスムーズな救援につながります。

 

【④故障状況】

故障や事故に遭遇した理由や、状況を詳細に伝えましょう。それを受けて、オペレーターは適切な対応が可能です。
例えば……パンクした、バッテリーが上がったなど。具体的な故障状況の共有が、迅速な解決へつながります。

 

バイクレッカー前にオペレーターが確認すること

ここからは、オペレーターからお客様に伝え、確認することを挙げていきます。

 

【見積り金額を確認します】

レッカーサービスの利用には費用がかかります。「レスキューワン」では、事前に必ず見積り金額を確認しています。
依頼する前、オペレーターに直接確認しておけば、後々の心配もありません。

 

【現場到着10分前に電話連絡します】

「レスキューワン」では、スタッフが現場に到着する10分前には電話をします。その際、再度場所の確認や状況の把握を行います。
バイクの救援を依頼する際、正確な情報提供やオペレーターとのコミュニケーションが
スムーズな救援手配につながります🏍️✨

 

もしものとき、この内容を覚えていなくても大丈夫です。

ベテランオペレーターが必要事項を聞き出しますので、あなたは落ち着いて返答するだけ。

 

バイクの急な事故・故障時には、24時間365日すぐ駆けつける「レスキューワン」にお電話ください!

 

 

24時間お見積り無料 お気軽にどうぞ