バイク事故の際、レッカーを呼ぶ手順とは?

タイトル: 困った!初めてのバイク事故どうしたらいいの

みなさん、バイクに乗っているときに事故が起きたことはありますか?初めてのバイク事故に遭遇したとき、どのように対処すればよいか分からなくて焦ることもあるかもしれません。そんなときに備えて、初めてのバイク事故でも冷静に対応するためのポイントをご紹介します。

1まずは状況把握 救護、警察や消防への通報

事故ー110番
救急車、消防119番

バイク事故に遭遇したとき、まず大切なことは冷静になることです。自分や他者が怪我をしている場合は、まずは救護を最優先に考えましょう。

転倒して車両火災やオイルを道路に飛散した場合
消防に連絡が必要です

警察や消防にも事故を報告することが重要です。事故の状況を正確に伝えることで、速やかなサポートを受けることができます。

居場所がわからない場合、グーグルマップのピンの情報で特定できます

2レスキューワン(バイクレッカー)を呼ぶ

バイク事故が発生した場所が交通の妨げになる場合や、自走できない場合などバイクレッカーを呼ぶ必要があります。事故現場を早く解消することで、他の交通への影響を最小限に抑えることができます。

レスキューワンにお電話をいただく際には、お客様がパニックになっても3分以内に全て聞き出せるように訓練されているのでとりあえずお電話をいただければ大丈夫です。事故の状況や保険の有無などで対応方法が変わりますが、状況を網羅的に把握し最善の道へ導きます

3位場所を伝える
レッカーサービスや警察にバイク事故現場の正確な場所を伝えることも重要です。交差点の近くや目印となる建物の情報など、細かなポイントまで伝えることで迅速な対応が期待できます。正確な情報提供はスムーズな対応につながります。

4到着まで待つ
レッカーサービスや警察が到着するまで待ちましょう。事故を起こしたバイクや自分自身を安全な場所に移動させ、他の交通に影響を与えないように配慮してください。到着まで安全を確保しておくことが大切です。

初めてのバイク事故に遭遇したときは、慌てず冷静に対処することが重要です。事故の際の対応策をしっかりと理解し、事前に準備しておくことで、焦ることなく適切に対応できるでしょう。安全運転を心がけることはもちろんですが、万が一の事態に備えて知識を深めておくことが大切ですね。皆さんも安全運転を心がけ、バイク事故に対する対応をしっかりと身につけておきましょう。

24時間お見積り無料 お気軽にどうぞ