バイクの出張修理は高い?持ち込み修理との差や注意点とは

うわ〜バイクの調子が悪い…

そんなときに選択肢として挙がるのは「出張修理」とバイクショップなどに「持ち込み修理」です。

このふたつ、料金はどれくらい違うのか、それぞれにどんなメリットやデメリットがあるのかをご存知ですか?

今回は「出張修理」と「持ち込み修理」の違いや、それぞれの特徴、注意点などをご紹介します。

 

出張修理は修理代に費用がプラスされることが多い

バイクの出張修理には、修理代以外の料金が加算されます。一番大きなものは「出張費用」です。修理の現場へメカニックが往復するための移動費、高速代やガソリン代、車両代 そして工具や部品などを外に持ち運ぶ付帯費用もかかります。

 

出張修理を依頼する場合は、事前にどのくらいの費用が追加されるか確認しましょう。

持ち込み修理よりも料金が割高になります。

 

持ち込み修理と出張修理の違いは「解決までのスピード」と「料金」

 

持ち込み修理と出張修理では、自身にかかる労力と手間に大きな差があります。

・バイクを整備工場まで自分で運び、修理する→持ち込み修理

技術者が指定場所まで出張し、修理する→出張修理

 

持ち込み修理は、バイクを運ぶ手間がかかる代わりに、料金は修理代、部品代のみ。

出張修理は、その場で修理してもらえる代わりに、料金が加算されます。

 

手間をとるか、料金をとるか…迷いどころですね。

 

とはいえ!!!便利なバイクの出張修理

 

バイクの出張修理のメリット 3point

 

・困った時に即修理

・24時間いつでもOK!

・復旧までがスピーディー!

 

現場で技術者が直接バイクを診断し修理するため、問題解決までが早い
メカニックがその場で修理するため、現状や修理部分、不調の原因など、その場ですぐにわかります

 

そして!!!その場で修理するからスピーディー

整備工場などに預けて修理するわけではないため、順番待ちなどがなく、スピーディーです

 

ただし、出張修理では解決できないこともあります。

エンジンに大ダメージを負っている
イレギュラーな部品を用意しなければならない。
分解してみたら手をつけれないほどだった。。(インオペ)

リスクもあるので出張依頼の際は、レスキューワンでは電話で先に無料問診・見積りをします。
最適なプランで万一の際は「このような対処になるかもしれません。」などのリスクを説明いたします。
私たちもお伺いするのであれば残念な結果では帰りたくないのです。


詳しくはオペレーターまで

 

 

 

出張修理で対応できる・できないケースとは?

バイクの出張修理には、対応できるケースとできないケースがあります。

できるケース

一般的には、エンジンの不調、バッテリー交換、タイヤのパンクなど日常的なトラブルから複雑な修理作業まで、幅広く対応可能です。ただし、車両の状態やメーカーによっては対応できないケースもあります。

できないケース

・一般的ではない車種
・現場が繁華街や交通量が多すぎて安全な場所へ移動できないケース
・天変地異や気象状況が悪すぎる場合

 

レスキューワンでは、電話にてオペレーターが問診させていただき、その場で出張修理可能かどうかをお答えしています!
目安となる見積りの金額も提示しております

 

困ったときには、ぜひレスキューワンへご連絡ください!!!

24時間365日、経験豊富なプロが安心価格でサポートします。

 

 

24時間お見積り無料 お気軽にどうぞ