エンジン不調の原因を現地で特定!バイク出張修理の一部始終

バイクのエンジンがかからない。

1 やっと暖かくなったのでエンジンをかけてみたところかからない

  • ホンダ(vtr250 )
  • トラブルの内容(セルを回らない。エンジンがかからない)

2. 出張先の状況

  • 半年ほどカバーをかけて保管

3. トラブルシューティングと修理の過程

  • 初期診断の方法と結果
    • 「まずバッテリーの電圧をチェックしました。」 12.6v
    •  
  • 修理作業の手順を具体的に説明
    • 「保管期間が長い割には電圧もあり、テスターで確認したところスターターまでの電源トラブルでした」
      非分解式リレーで動作不良による原因でリレーに衝撃を与えながら通電することで反応が出てきたので
      何度かすると稼働できるようになり修理完了です。
      おそらく結露などを繰り返し内部に錆が発生したのかもしれません。

4. 修理後の確認と結果

  • 作業後の動作確認(スターターリレーの不良で一時的に動作できるようにしました)
    後日スターターリレーを自分で交換することで解決です。

    • 「お客様も無事にエンジンがかかるのを確認し、大変喜んでくださいました。」
      今回のお代は¥8800と出張費¥4000エリアで合計で¥12800円でした

終わりに

  • 今回の作業を通じて得た教訓やアドバイス
    • 「スターターリレーの固着が原因でしたのでたまに通電することである程度は予防できます」
  • サービスの案内や次回予告など
    •  

まとめとお問い合わせ

  • 「バイクのトラブルでお困りの際は、ぜひお気軽にお問い合わせください。」

24時間お見積り無料 お気軽にどうぞ