初めてのバイクレッカー!急にパンクした場合の流れ

もしもバイク運転中、急にタイヤがパンクしたら……?

交通事故のリスクを最小限に抑え、安全に移動することが最優先です。
安全を確保したら、プロを呼びましょう。

今回は、急なバイクのタイヤパンク時にレッカーを頼む場合の流れについて、順を追ってご紹介します。

1. 安全な場所に停車する

走行中、タイヤの異変に気づいたら、速やかに安全な場所に停車してください。

2. 状態を確認する

安全を確保できたら、タイヤの状態を確認します。パンクやタイヤの異常を確認できても、自力で交換したり修理したりするのは危険です。

そもそも、パンク修理キットを携帯している人が少ないこと。そしてなにより、路上では車にひかれてしまう可能性があることが理由です。

バイクのパンクで頼りになるのが、プロのバイクレッカーサービスです。

3. バイクの車種を確認する

バイクレッカーサービスを呼ぶ前に

・自分のバイクの車種
・現在の状況

を把握することが重要。バイクの大きさやタイヤの種類によって、必要な作業・道具が異なるためです。
正確な情報を提供することで、より迅速な対応が期待できます。

スポーツバイクやクルーザーなど、車種によって必要な注意点も異なるので、事前にチェックしておくと良いでしょう。

3. バイクレッカー(オペレーター)へ連絡する

車種が確認できたら、業者へ連絡します。

・バイクの車種
・バイクの状況
・自分の現在地
・パンクした場所

上記を的確に伝えることで、スムーズな対応につながります。

また、サービス内容や料金に関する確認も忘れずに行いましょう。

4. 作業車を待つ

バイクレッカーサービスを呼んだ後は、作業車が到着するのを静かに待ちます。到着まで周囲の安全を確保することもお忘れなく。

他のドライバーに迷惑をかけないように、交通ルールやマナーを守りながら到着を待ちましょう。

5. 業者による作業がスタート

作業車が到着したら、プロのスタッフが丁寧に修理作業を開始。バイクの車種や状況に合わせた適切な作業が行われ、迅速に修理が完了します。

作業中に何か気になる点があれば、遠慮なくスタッフに相談してください。安全かつスムーズに修理を終えるためにも、コミュニケーションを大切にしましょう。

6. お支払い

修理作業が終わったら、サービス料金を支払います。サービス内容によって料金が異なるため、修理前に確認した内容と合致しているかを再度確認しましょう。

万が一不明な点があれば、スタッフに質問してください。サービスに満足した場合には、感謝の気持ちを伝えていただくと励みになります。

※感謝のお言葉をいただくと、次へのやる気と意欲がぐんぐん増します!この上ない喜びん打ち震えますので、ぜひぜひよろしくお願いいたします。

 

 

バイクレッカーを依頼した場合の流れをご紹介しました。

なにより大切なのは、まず自分の身の安全を確保すること。トラブルで慌ててしまうと、そのあたりがすっぽり抜けて二次的な事故も起こりやすくなってしまいます。

まずは落ち着いて安全確保→現状把握→レッカーを呼ぶ

この流れを覚えておきましょう。

 

バイクレッカー「レスキューワン」は、24時間365日、安心価格で即稼働しています。
急なパンクやタイヤのトラブルの際は、ぜひお電話ください。

ちなみに…「高速道路や入り組んだ山道で現在地がわからない!」という事態にも対応可能、GPSでしっかり場所探知しますので、ご安心を。

また、その都度料金を掲示し、納得いただいてからの作業を実施しています。後からの高額請求などなく、明朗会計いたします。

それではみなさん、今日もご安全に!!

 

 

24時間お見積り無料 お気軽にどうぞ