パニックにならないで!原付(50〜125cc)の急なトラブル5選┃バイクレッカー

通勤や通学など、日々の交通手段として50〜125ccの原付バイクを利用している方も多いこですよね。毎日運転していると、突然トラブルに見舞われてしまうことも……。

トラブルは、予期せぬときにやってくるもの。原付に多いトラブル事例を知っておくことで、万が一の際にお役立てください。

今回は、突発的な原付トラブルのTOP5をご紹介します。

復旧が難しいようであれば、ぜひレスキューワンを呼んでくださいね→クリック

 

トラブル1位:タイヤのパンク

日常の交通手段として使われる原付で、最も多いトラブルは「パンク」。釘やガラスなど異物によるパンクや、タイヤの裂けによるパンクが一般的です。

比較的小さな異物であれば修理可能ですが、穴が大きい場合やサイドウォールにダメージがある場合には、タイヤの交換が必要です。

 

◆タイヤのパンクについてはこちらの記事も参照にしてください↓

「バイクのパンクで出張修理できる?レッカーが必要?を判断する方法」

「初めてのバイクレッカー!急にパンクした場合の流れ」

 

 

トラブル2位:バッテリーあがり

原付に搭載されているバッテリーは比較的小さなものですが、エンジンの動力源として重要な役割を果たしています。バッテリーの寿命はおおよそ1年から2年で、使用環境によっても異なります。

キーオフを忘れて放電してしまった場合は初期充電で再始動できますが、劣化が進んでいる場合には交換が必要です。

 

 

トラブル3位:エンスト・始動不能

原付で起こりやすいトラブルとして、エンストや始動不能が挙げられます。走行中にエンストする原因は、点火プラグやオイルなどが一般的です。

始動不能の場合には、プラグや燃料の適量、燃焼のタイミングなどが原因であることが多いです。

 

 

トラブル4位:ベルト切れ

原付を走行中に急にドライブベルトが切れると、走行不能になります。さらに、リアタイヤがロックすると転倒や追突事故につながる恐れもあります。

ドライブベルトは定期的に交換が必要です。おおよそ2万キロでの交換をおすすめします。

 

◆ベルト切れについては、こちらの記事もご参照ください↓

「【現地出張サービス】原付のベルト交換始めました」

 

 

トラブル5位:メットイン

最後に紹介するのは、メットインというトラブルです。これはバイク版のインロック。車内にカギを置いたまま施錠してしまうインロックと同じじょうな現象があり、原付でよくみられるトラブルです。

メットインに遭遇した場合には、開錠するのですが……防犯上、詳細は記載はできません。ぜひご連絡ください。

 

原付(50~125cc)における急なトラブルベスト5をご紹介しました。これらのトラブルが発生した際には、慌てず冷静に対処してくださいね。

定期的な点検やメンテナンスそして、安全運転を心がけ、安全第一でトラブル知らずの原付ライフを楽しみましょう!

24時間お見積り無料 お気軽にどうぞ